洗い方

柿渋石鹸には柿タンニンが含まれており、加齢臭やニキビに効果があります。洗浄効果も高く、汚れを落とす能力も高いという特徴があります。柿渋石鹸を使って入浴する際に、更に効果が上がる方法を行うことでよりお肌がキレイになります。まず非常に大切なのが、シャワーでサッと済ませるのではなくしっかり湯船に浸かるということです。シャワーで柿渋石鹸を使うと、身体の表面を洗い流す事はできますが毛穴の奥の汚れや雑菌を洗う事ができません。入浴してしっかり汗をかくことで、毛穴を開くことが出来ます。毛穴を開いてしっかり奥の古い脂質や雑菌を洗い流すことで臭いを防ぐことが出来ます。

柿渋石鹸を使用する際は、しっかり泡立てる必要があります。ノネナールといった加齢臭の原因を洗い流すためには、柿タンニンを含む泡で洗浄する必要があります。柿タンニンを含むがノネナールを吸着するので、泡立てる作業は非常に重要になってきます。泡立てる為の洗顔石鹸などを使って泡立てることでよりきめ細やかでボリュームのある泡を作る事ができます。しっかりと泡立てて、ボリュームを出した泡をお肌につけて優しく撫でるようにして汚れを落としましょう。お肌は非常にデリケートです。ゴシゴシと強くこすり過ぎると、摩擦によってダメージを受けてしまいます。優しく撫でるようにするだけでも汚れは十分落ちます。柿渋石鹸の持っている殺菌能力、洗浄能力をより高める為に、使い方には注意しましょう。